内容証明郵便の基礎知識

 

「内容証明郵便」とは?・・・ 法的効力の話をすれば、「ただのお手紙」に過ぎません。ですが普通の手紙とは大きく違うところがあります。それは「差出した日付」、「差出し人の住所・氏名」、「宛先の住所・氏名」、手紙に書かれた「内容」を、公に証明してくれる・・・というところです。すなわち「証拠価値の高い手紙」ということができます。

 
  ・・・等々です。

 

 「内容証明郵便」のメリット


先にも述べましたように、「内容証明郵便」は非常に証拠価値が高いということです。

 

つまり受け取った相手方は、「そんな手紙受け取って無い。」とか「そんなことは書いてなかった。」といった言い訳ができないのです。言った言わないの水掛け論はそこにはありません。もちろん裁判上の証拠としても十分通用します。

 

 

 「内容証明郵便」の副次的メリット

 

本来の証明機能の他に様々な効力があります。(隠れたメリット)それは・・・


相手方への心理的圧迫・事実上の強制力・・・です。

 

「内容証明郵便」は非常に物々しい体裁をしております。受け取ったときのインパクトはかなりのものです。実際に受け取ったご経過のある方は少数派と存じますが、「内容証明郵便」には、差出人の強い意志(裁判も辞さない覚悟)がハッキリと読み取れます。その体裁も手伝って相手に対して強力なプレッシャーをかけることができます。

 

実際に受け取った人の中には、夜も眠れなくなる程のプレッシャーを感じる人もいることでしょう。いわゆるこれがギャフンですね。仮にもし裁判になるとしても、いきなり「訴状」ということはそんなにはありません。

 

普通は「内容証明郵便」による通知から始まります。裁判は時間も費用もかかりますので、できる限りしないに越したことはありません。現実問題事件の半数近くは、「内容証明郵便」一発で解決してしまうものなのです。

 

 

百聞は一見に如かず・・実際に当事務所で作成した実物をご紹介いたしましょう。

 

実物はこんな感じで相手方に届きます。
今回は「配達証明」付きです。


何時相手方に「内容証明郵便」が届けられたかが証明されます。
これで相手方は逃げも隠れもできなくなるのです。
受け取り拒否をしたって駄目です。
拒否したとしても「読んでない!」とは言えなのです。


「配達証明付き内容証明郵便」・・・とはそういうものなのです。

 

 

これは近隣の駐車場トラブルに関する事案で、依頼者から相手方に対して送付した実物の依頼者控えです。今回は内容が2枚にわたっておりますので、冊子形式に綴じ込んであります。

 

左写真解説:これがいわゆる「内容証明書用紙=赤紙」です。今回の標題は「警告書」として あります。

中写真解説:プライバシーに関する部分は削除させて頂きました。

右写真解説:今回は「警告書」ですから相手方は「被警告人」となります。 今回の掲載には勿論、依頼者様の承諾を頂いております。

 

※参考までにこの案件も、この「内容証明郵便」一通で解決しました。

 

 

 「内容証明郵便」のデメリット

 

繰り返しますが「内容証明郵便」は証拠能力の高い手紙です。

ですから十分検討せず、安易に出してしまうと、かえって相手方に有利な証拠を与えてしまったり、付け入る隙を与えてしまうこともあります。

 

更に「内容証明郵便」は一度出してしまうと撤回ができません。やり直しがきかないのです。 文面もよく検討しないと、相手方が必要以上に怯えてしまい、逆に「脅迫罪」、「恐喝罪」で訴えられてしまうことさえあります。

 
 

「内容証明郵便」の作成には、十分な法的知識と注意力が必要なのです。

 
 

 

■最後に

 「内容証明郵便は」出せば良いというも物ではありません。内容、書き方、出すタイミイング・・・良く検討する必要があります。場合によっては、たった一通の「内容証明」が、今まで築き上げてきた人間関係を修復不可能にまで一気に壊してしまう・・かもしれません。要は依頼者様ご自身が何を望まれているか・・・?なのです。そこまでしてでも「守るべきもの」があるのか?ある程度歩み寄っても良いものなのか?よくよくご検討下さい。市販品の「内容証明書式全集」なるものをまる写しして出してみたものの、かえって収拾がつかなくなってしまった・・。等という話はよくあることなのです。専門家に一度相談されることを強くお勧めします。

 

 
※料金表は、こちらのページ(報酬額一覧)をご覧下さい。